IN THE CLUTCH / GIVE MY ALL

by Kaigen feat. Myka 9 & Orko Eloheim

supported by
/
  • Record/Vinyl

    ships out within 2 days
    edition of 23 

     $9.99 USD

     

  • Immediate download of 3-track album in the high-quality format of your choice (MP3, FLAC, and more), plus unlimited mobile access using the free Bandcamp listening app.

     $2 USD

     

  • iTunes

1.
2.
3.
4.
5.
6.

credits

released 11 February 2011
Mixed & Mastered by Dee Jay Doc at the Synergy Studio.
Illustration & Graphic design by Lazerus-pit.com

(c) Poetic Dissent
Distributed by We Nod

tags

license

all rights reserved

feeds

feeds for this album, this artist

about

Kaigen 東京都, Japan

(Kaigen)
アメリカで最もホットなインディ・ヒップホップ・レーベル Fake Four Inc.の唯一の日本人アーティスト。身軽な行動力と創造力を操り、日本語の表現にこだわりつつも、ワールドワイドを体現する。アメリカ・ヨーロッパでのツアー活動を精力的に行い、極めて実験的内容ながら好セールスを記録したMeiso(外人21瞑想)とのユニット Kaigen21Meisoを始め、anticon勢やMyka 9, 2Mex, Awol One, Busdriverらアンダーグラウンド・ヒップホップのレジェンドからRas G, Thavius BeckらLAビート・シーンの中枢まで網羅する多彩なコラボ・プロジェクトで知られる。Chuck Dが自身の番組で曲を紹介する等、各国・各方面からその動向が注目される日系宇宙人MC。 ... more

contact / help

Contact Kaigen

Download help

Track Name: Kaigen feat. Myka 9 - In The Clutch
(Kaigen)

敵地のアンチも味方のベンチも総立ち/
腕比べの行方は紙一重 奇跡よ 集え/
劇的な幕切れの仕入先/

[Kaigen - Translation]
All stand, from the haters in enemy land to the bench of my fam
A thin line divides the outcome of battle. Gather here miracles
The supplier of a dramatic curtain fall

(Myka 9)


(Kaigen)
記録を残そうが、記憶に残ろうが/
決めれば一躍頼みの綱、 外せば一夜で刺身のつま/
つまりのるかそるか、万事休すか九死に一生を得るか/
手に汗握る窮地の心地よさに酔いしれる/
筋金入りの勝負師の見せ場が押寄せる/
固唾を飲む土俵際で巻きこす/
歓喜と失意の渦はカオスの図/
向かい風が強くなれば、自ずと預かる仲間の信頼/
脳裏に取り付く懲りずに重ねたみじめで無様な失敗/
の後味は問われる真価に難なく応えるために/
積み立てた備えと思えば憂えなし/
デッドライン直前 疑心と自信のトレードが合意に達し/
新規の伝説をお膳立て 流れを変える弾数 /
残りは果たして何発? のしかかる重圧/
は率先して担いでごらん 天王山で充実/
した景観を満喫するには、それに見合うだけの負荷が不可欠/

[Kaigen - Translation]
Either you hit a new record or remain in memory
If it works, spring into becoming the last hope
If not, turn into garnish for sashimi in one night
Sink or swim, it’s “the end” or an “escape from death”
A hardcore gambler ecstatic in the pleasant sweaty palm tight squeeze
Here comes the flood of highlights
Paint a picture of chaos, a vortex of rapture and despair
Among the breathless at the edge of the ring
When the headwind’s strong look after the trust of friends
Miserable awkward mistakes repeated and layered in the back of mind
Nothing to worry about, think of the aftertaste as savings
A preparation for the right answer to the question of true value
Right before deadline, set the stage for a new legend
Through the trading agreement of doubt and confidence
Bullets to change momentum, how many shots left in the chamber?
The pressure is on, so take the initiative to carry the ball
The weight you carry must correspond
In order to fully enjoy the view from the top of mount make-or-break

約束された将来/
においても挫折は執拗に出場機会/
に恵まれる。 逃した魚の大きさを計量し、踏ん張りどころ/
で感傷にひたるよりかは、どん底で捕れた泥んこ/
の成果を認め、磨けば光る穴埋めの育成に精を/
出していくほうがより正解。 苦節何年かかっても/
度々後ろ指を差され、情熱が少々荒んでも/
あの日の衝動でくるんだ信念が芯まで腐るもんか/
花道を飾る役目をおめおめと諦めに譲るなんざ/
まっぴらごめん。 末路すら貫通する渇望が活路に/
抜擢され、忘れ物をした古巣へ電撃復帰/
色違いの夢が返り咲き、過去の脚本を捨てた働き /
が続きを演出するが、取り戻す結末は原作に忠実に/
来世まで語り継がれる名場面のライセンスを独占/
和洋折衷の番狂わせの詰め合わせ。 Myka9, Kaigen /
の二枚看板。 西海岸からジパングへ通すアリウープパス/
この曲の終了のブザーと同時に灯すヒップホップの明日/

Even for a promised future
Defeat is persistent with its chances to play
Rather than measuring the size of the fish that escaped
And becoming sentimental in a time for final effort
The correct answer is to acknowledge the muddy fruits
Picked at the bottom of the pit
And hustle to make up the deficit which shines if polished
No matter how many criticisms and years of hardship it takes
And the passion goes rough, conviction wrapped with that one day’s
Impulse will never rot to the core
No way will I give way to giving up when my role is
To walk down the runway. Thirst, strong enough penetrate even fate
Was chosen as the path for a
Speedy return to the old place where I left something
A dream in a different color blooms and
The work continues to perform without the script of the past
But the ending I retrieve is faithful to the original

Monopolized the licenses for the highlights
To be passed down to the next life
Surprise package of styles compiled from the east and west
Myka9 and Kaigen double headliner
Alley oop pass complete from the west coast to Zipang
Light up hiphop’s future as the buzzer signals the end of this jam


(Myka 9)


(Kaigen)
来世まで語り継がれる名場面のライセンスを独占/
和洋折衷の番狂わせの詰め合わせ。 Myka9, Kaigen /
の二枚看板。 西海岸からジパングへ通すアリウープパス/
この曲の終了のブザーと同時に灯すヒップホップの明日/

[Kaigen - Translation]
Monopolized the licenses for the highlights
To be passed down to the next life
Surprise package of styles compiled from the east and west
Myka9 and Kaigen double headliner
Alley oop pass complete from the west coast to Zipang
Light up hiphop’s future as the buzzer signals the end of this jam
Track Name: Kaigen feat. Orko Eloheim - Give My All
(Orko Eloheim)

(Kaigen)
事の導火線は遡る事、1970年代
持たざる者の開放への渇望と欠乏を補う創意
工夫が結合しターンテーブルとマイクを行使した
未曾有の革命を成し遂げた
だがひとたび体制に取り込まれようものなら、その根底にある
大義は置き去りにされ斬新な手法のみが奴隷のように利用
されてきた 見返りにありついた甘い汁が麻酔となり気高き牙を
抜歯した崇高な闘争は娯楽へと堕落していったが、辛くも
致命傷を免れた俺はというと作品に付着した垢を
落とし音源の尊厳を取り戻すため アンダーグラウンド
と称する真摯な自主制作に根ざした頂き
を目指した 以来 営利的検閲の息のかからぬこの聖域
に忠誠を誓い志願兵として心眼による抜かりなき
監視を推進 魂を取引するバイヤーの手招き
もここから先は手をこまねき、じきに朽木となる幕引き
全身全霊を貢ぎ次なる進化への疼きに応ずる時

発想の転換を装填し、目覚しい発展を独占してきた音楽
様式がいまや自らの名の元に創造力の両翼
をへし折っている 芸術的良心を欺き、売れるレールに
ただ乗り滑走 ままごとアートの陵辱行為
掟破り それは痛んだ異端ではなく原点の一端だ
才能を食いつぶし枯渇するシーンの財源に渇を入れる新鮮な
地下資源 無限の供給源はOrkoとCurse Ov The Kaigen
が身を粉にして教鞭を取る不健全な同業者向けの体質改善
セミナーの開演はまもなく ご来場の皆様にはもれなく
禁じられた言葉遊びを韻字した金字塔をプレゼント
業界の着せ替え人形に成り上がったエリート層
思い出そう 最愛のヒップホップの産声の調べを

全身全霊を貢ぎ次なる進化への疼きに応ずる時